NEWS

2020.12.14 [Mon] 12:00
  • NEWS

都市対抗野球大会を終えて~選手からのメッセージ③~

「都市対抗野球大会を終えて~選手からのメッセージ」最後を締めくくるのは、野手のメンバーからのメッセージになります。今年の悔しい思いを来年必ず晴らしてもらいましょう!!

捕手 須田 凌平

 

【須田選手からのメッセージ】

6年目の須田です。
セガサミーファンの皆さん、応援ありがとうございました。
2年ぶりの都市対抗はベスト4でした。
西田監督を何がなんでもドームで胴上げしたかったのですが、2年前と一緒という結果に終わってしまいました。

本当に悔しいの一言です。

皆さんの期待にも応えられず、非常に残念に思います。
世間はこのような状況で、この先どのようになるかわかりませんが、ご声援いただけると幸いです。
この悔しさを忘れることなく来年こそは悲願の都市対抗制覇を目指して頑張ります。

内野手 中川 智裕

 

【中川選手からのメッセージ】

セガサミー野球部の中川です。セガサミー野球部を応援してくださった皆さん、ご声援ありがとうございました。
今年はコロナウイルスの影響により例年とは違う形で1年が始まり、その中でも都市対抗野球と言う大舞台でベスト4と結果を残せて良かったです。
新人としても良い経験が出来ました。少しでも社員の方々やファンの皆さんが元気になってもらえたのなら嬉しいです。
ですが、都市対抗ベスト4と言う壁を超えるため、そして日本一になれるように個人としてもチームとしてもレベルアップしていけるよう頑張ります。
今後とも応援のほど宜しくお願いします。

主将 内野手 宮川 和人 

 

【宮川選手からのメッセージ】

社員の皆様、グループ会社の皆様、ファンの皆様、都市対抗での熱いご声援ありがとうございました。
コロナ禍の中でも野球ができる環境があることに感謝の気持ちでいっぱいです。
ベスト4という結果に終わりましたが、また負けた悔しさを持って来年こそベスト4以上、そして優勝目指して、これからチームとして成長していきます。

これからも応援のほどよろしくお願いします。

         

内野手 根岸 晃太郎

 

【根岸選手からのメッセージ】

コロナ禍の中、開催された都市対抗。
会社の皆様、ファンの皆様、家族それぞれの多大なる応援があり悔しいですが、ベスト4という結果で終えることができました。
僕の三振で始まり、僕の三振で終わる。一球に喜び、一球に泣いた。そんな都市対抗野球でした。
しかし確実な手応えを実感した都市対抗でもありました。
今回経験した、この悔しさを必ず来年に繋げ、嬉し泣きで終われるように、これからも成長し続けていきます。
たくさんの応援、本当にありがとうございました!

内野手 北阪 真規

 

【北阪選手からのメッセージ】

2年ぶりの都市対抗はベスト4という結果で終わりました。
1試合ごとにチームが強くなっているように感じましたが、準決勝の接戦を勝ちきれませんでした。
この悔しさを忘れずに来年も超戦し続けていきたい思います!
たくさんのご声援ありがとうございました!

外野手 植田 匡哉

 

【植田選手からのメッセージ】

セガサミー野球部ファンのみなさま

たくさんの、応援、ご声援ありがとうございました。
コロナウィルスで都市対抗が開催されるのかと不安もありましたが、無事に開催され、この環境下でも、みなさまの応援がありベスト4という結果を残す事ができました。
新人ながら本当にいい経験をさせていただきましたが、日本一という目標には届かなかったので、来季シーズンでは、個人としてもチームとしてもパワーアップし、日本一目指して頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いします。

外野手 本間 諒

 

【本間選手からのメッセージ】

コロナ禍で大変ななか、都市対抗を開催して頂き、そして、応援して下さった全ての方々に感謝です。
準決勝で敗退となりましたが、来年は決勝戦の舞台に立てるようにさらに強くなって帰ってきます!
これからも、セガサミー野球部の応援よろしくお願いします!