NEWS

2018.01.18 [Thu] 14:00
  • NEWS

東京キッズベースボールアカデミー(八王子・小金井)レポート

2018年1月13日(土)、セガサミー野球場にて東京新聞・東京中日スポーツ主催の野球教室「東京キッズベースボールアカデミー」が開催され、セガサミー野球部が講師として参加しました。 午前・午後の2部構成で開催され、午前中は八王子市内13チームの小学生選手と指導者およそ160名、午後は小金井市内6チームの小学生選手と指導者およそ100名が参加しました。

セガサミー野球部選手による野球教室では、投手・捕手・内野手・外野手に分かれて、各ポジションの基本となる動作や、バッティングの基本を指導しました。楽しみながら上手くなることを意識し、ゲーム要素を取り入れた練習を多く取り入れていました。また、厳しい寒さの中での野球教室となったため、子どもたちが常に動いていられるようプログラムに工夫を施していました。 並行して行われたセガサミー野球部スタッフによる指導者講習会では、各チーム指導者の方からの基礎技術や小学生のための指導についての質問にセガサミー野球部コーチ陣が回答しました。
野球教室の最後には、チーム対抗キャッチボール競争を行い、上位3チームにはセガサミー野球部から記念品が贈られました。

東京キッズベースボールアカデミーは、東京新聞・東京中日スポーツ、東京都および周辺地域各地区の野球連盟が少年・学童野球のレベルアップを目的に開催しています。 セガサミー野球部は、社会貢献・地域貢献の一環として2008年より1月・11月開催時に講師として参加しています。

参加選手のコメント:澤良木喬之選手

野球教室では子どもに理解してもらうことを重視してプログラムを組んでいます。 それぞれ個性を持った選手が参加していますが、例えば素振り一つでも普段の練習とは違うような様々な方法を提示することで、何か印象に残るものがあるのではないかと思います。 参加した子どもたちがこれから長く野球を続けて行く中で、何か一つでも役に立つ練習方法を持ち帰ってもらえれば嬉しいです。

180113_1
ウォーミングアップ、澤良木選手の開いた手の方向にダッシュ
180113_2
子どもたちと一緒にスクワットする石垣選手
180113_3
内野手の捕球姿勢を指導する宮川選手
180113_4
捕手のセカンドへのスローイングを指導する喜多選手
180113_5
休憩時間に子どもから質問を受ける赤堀選手と政野選手
180113_6
指導者講習会で股割りの重要性を伝える城下コーチ
180113_7
チーム対抗キャッチボール競争
180113_8
キャッチボール競争の上位チームに記念品を贈呈