NEWS

2017.12.01 [Fri] 18:00
  • NEWS

第9回セガサミーカップ学童軟式野球大会レポート

171118_pagetop
開会式でグラウンドに整列した選手たち

今年で第9回目を迎えたセガサミーカップ学童軟式野球大会(主催:東京都軟式野球連盟、東京新聞・東京中日スポーツ、特別協賛:セガサミーグループ)が滝ガ原運動場野球場、セガサミー野球場を舞台に、2017年11月18日・19日・25日の3日間で開催されました。出場チームは、東京都内の各ブロックから推薦された16チーム。都内では6年生最後の公式大会であり、熱い戦いが繰り広げられました。

開会式では、地元八王子市立横山中学校吹奏楽部の皆さんの演奏により、参加球児が元気よく入場行進し、出場チームを代表して、町田ヴィクトリー(町田)の高本 翔真(タカモト・ショウマ)主将が力強く選手宣誓を行いました。大会初日は小雨の降る中、滝ガ原運動場野球場で1回戦8試合が行われました。今年も1回戦でムードメーカーとしてチームを盛り上げた16名の選手が「セガサミー賞」として表彰されました。

2回戦の4試合、最終日の準決勝・決勝の3試合は、素晴らしい天候の中、セガサミー野球場で行われました。決勝戦は、「ナインスターズA」(世田谷)と「日野万タイガース」(日野)の対戦。ナインスターズAが7対0で日野万タイガースを下し、優勝カップを手にしました。大会最優秀選手には、完封勝利をあげたナインスターズAの松井 喜一(マツイ・キイチ)選手、優秀選手には、日野万タイガースの岡戸 達哉(オカド・タツヤ)選手が選出されました。

また、監督会議(抽選会)の日には、長橋 あゆみ(シダックスグループ)様のご協力のもと、球児の保護者、指導者を対象としたスポーツ栄養セミナー「強く大きくなるための基本の食事」を開講しました。成長期にスポーツをする子供たちの“食育”への関心は高く、参加者の皆さんも熱心に受講されていました。

大会結果

ph_view_children2017_29
171101_1
抽選会での集合写真
171101_2
スポーツ栄養セミナーの様子
171101_3
組合せ抽選会
171118_1
開会式で演奏する八王子市立横山中学校吹奏楽部の皆さん
171118_2
選手宣誓をする町田ヴィクトリー・高本 翔真主将
171118_3
セガサミー野球部による野球教室
171118_4
指導者講習会で説明する初芝監督
171118_5
ホームラン賞:越智琉介(高島平ジャガーズ)石垣慶悟(オレンジイーグルス)笠尾一登(ナインスターズA)(18日)
171118_6
セガサミー賞:後列左から 大脇啓太(西伊興若潮ジュニア)櫻井周斗(月島ライオンズ)岩橋和志(エース関北少年野球倶楽部)宮川優斗(出雲ライオンズ)小田島拓大(日野万タイガース)帯刀一生(多摩エンゼルス)服部樹(レッドライオンズ)加悦真海(隼)
171118_7
セガサミー賞:後列左から 笹野駿(第三地区ライオンズ)本橋晴夢(町田ヴィクトリー)出口浩美(野火止コンドルズ)藤岡由衣(戸塚エコーチャイルド)太田春輝(高島平ジャガーズ)東悠翔(オレンジイーグルス)藤田空(鐘ヶ淵イーグルス)河崎令樹(ナインスターズA)
171119_1
ホームラン賞:成井優翔(日野万タイガース)松井喜一(ナインスターズA)(19日)
171125_1
ホームラン賞:石垣慶悟(オレンジイーグルス)(25日)
171125_2
ホームラン賞:能村詢矢、松井喜一(ナインスターズA)(25日)
171125_3
準優勝を収めた「日野万タイガース」(日野)
171125_4
見事、出場16チームの頂点に立った「ナインスターズA」(世田谷)
171125_5
大会MVP:松井喜一(ナインスターズA)優秀選手:岡戸達哉(日野万タイガース)
  
    

写真提供:東京新聞・東京中日スポーツ