NEWS

2017.11.15 [Wed] 18:00
  • NEWS

東京キッズベースボールアカデミー(府中市)レポート

2017年11月11日(土)、府中市郷土の森第一野球場にて東京新聞・東京中日スポーツ主催の野球教室「2018東京キッズベースボールアカデミー(府中市)」が開催されました。
セガサミー野球部が講師を務め、府中市18チームの小学生選手と指導者およそ240名に対して野球教室および指導者講習会を行いました。

セガサミー野球部選手による野球教室では、バッテリー・内野手・外野手に分かれて、各ポジションの基本となる動作や、バッティングの基本を指導しました。楽しみながら上手くなることを意識し、ゲーム要素を取り入れた練習を多く取り入れていました。
並行して行われたセガサミー野球部スタッフによる指導者講習会では、各チーム指導者の方からの基礎技術や小学生のための指導についての質問にセガサミー野球部の監督・コーチが回答しました。

東京キッズベースボールアカデミーは、東京新聞・東京中日スポーツ、東京都および周辺地域各地区の野球連盟が少年・学童野球のレベルアップを目的に開催しています。 セガサミー野球部は、社会貢献・地域貢献の一環として2008年より11月・1月開催時に講師として参加しています。

参加選手のコメント:宮川和人選手

野球の楽しさ、夢を持つことの大切さ、を感じてもらうことを意識して教室に臨みました。子どもたちに教えることを通じて、野球の基礎について改めて考える機会となりましたし、何より自分自身が野球の楽しさを実感できました。

171111_1
外野手チーム:後方のフライを捕球する練習
171111_2
ピッチャーチーム:グラブトスの練習。井上選手と越智選手が見本を見せます。
171111_3
内野手チーム:ショートバウンドキャッチに挑戦。
171111_4
試合形式のシートバッティング
171111_5
子どもたちにサインする海保選手
171111_6
指導者講習会でベースランニングについて説明する初芝監督