NEWS

2018.12.21 [Fri] 17:30
  • NEWS

川上マネージャーのティーボール教室(多摩川幼稚園)レポート

2018年12月12日(木)あきる野市・多摩川幼稚園にてティーボール教室を行いました。この企画は日本野球連盟が野球人口の底辺拡大を目的として今年より始まった企画です。
近年、子供たちの野球離れが著しく野球をもっと身近な競技とし野球の楽しさを伝えることが出来ればと感じております。

この日は多摩川幼稚園の松組(年長組)の園児約100名を2回に分けて実施しました。
野球部から参加したのは有志の10名(飯田、田中、東、氏家、横田、森井、井上、根岸、澤良木、本間)です。セガサミー野球部としては小学生から高校生対象の野球教室は数多く行ってきましたが、未就学児とふれあう機会はこれが初めてで、教室が始まるまではしっかりと楽しんでもらえるか不安でいっぱいでした。
しかし、そんな不安は教室が始まるとすぐ一掃し、園児たちが一生懸命にボールを追いかける姿がとてもかわいく、選手たちも終始笑顔の絶えない教室となりました。
まずはボールを自分の頭の上に高く放り投げ、自分でキャッチ。園児には中々難しいのですが、子供の飲み込みは恐ろしく早くすぐに上達。次は下手投げでのキャッチボール。そして野球部員へ向けて思いっきり投げつけるゲームやボール回しゲームを行い、最後にコーンの上に置いたボールを思いっきりバットで打つ時間です。
男の子も女の子もボールを打って走って投げてと一生懸命取り組んでくれました。

今回は野球の楽しさを伝えに多摩川幼稚園へ伺いましたが、園児たちの純粋な姿に最終的には我々の方が楽しませて頂きました。
一回45分の教室を2回行い、教室終了後は園庭で園児たちと童心に戻り一緒になって遊び、どちらが遊んでもらったか分からい様な状況でした。
今回ご協力頂きました多摩川幼稚園の皆様、温かく迎えて頂き本当にありがとうございました。

園児たちから「よろしくお願いします!」と元気な挨拶
ボールを高く投げる森井投手
ボール当てゲームの的は井上投手
お手本で実際に打って見せる本間選手
計8か所で打ちっ放し!たくさん打ってもらいました
最後はハイタッチでお別れ。楽しい時間はあっという間でした