NEWS

2017.06.15 [Thu] 13:17
  • NEWS

セガサミーカップ PRESENTS ジュニアスポーツフェスティバル 野球教室レポート

「セガサミーカップ PRESENTS ジュニアスポーツフェスティバル 野球教室」レポート

170611_1

 6/11(日)、セガサミー野球部は、北海道千歳市の青葉球場と市民球場で市内の学童野球チームとリトルシニアチームを対象とした野球教室を開催しました。

 当教室は、「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」(7/6開幕、ザ・ノースカントリーゴルフクラブ)の開催に合わせ、大会が地元と協力し、スポーツ振興を目的に毎年行っている「ジュニアスポーツフェスティバル」の一環。このフェスティバルの発祥になった野球教室は今年で12回目を迎えました。

教室には、学童野球チーム3チーム(軟式)とリトルシニア1チーム(硬式)合わせて44名が参加。子供たちは、キャッチボールや守備・打撃練習を通して、セガサミー選手たちから基礎を教わりました。選手たちは、チームプレーで声を掛け合うことの大切さも伝えながら明るい雰囲気で練習を盛り上げ、両球場には子供たちの元気な声が響いていました。

軟式野球の閉会式では、参加チームを代表して向陽台ヒーローズの野口義真くんが指導のお礼を述べた後、「今日教わったことを、練習や試合で活かせるように頑張ります」と挨拶。学童野球チームを指導したルーキー・越智洸貴投手は「(自分も)小学1年から野球を始めたので、子供たちの姿を見ていて初心に戻りました」と話し、子供たちには「楽しむことは上達への第一歩。元気に、野球することを楽しんで欲しい」とエールを送っていました。

写真提供:千歳市観光スポーツ部

170611_2
キャッチボール練習の様子
170611_3
投球練習の様子
170611_4
打撃練習の様子
170611_5
捕手を指導する木村選手
170611_6
ベースランニングで子供たちを見守る越智投手
170611_7
閉会式後、笑顔でハイタッチを交わすセガサミー野球部の選手、スタッフと子供たち