• TEAM T
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • R
  • H
  • E
  • 明治安田生命
  • 4
  • 0
  • 0
  • 1
  • 0
  • 0
  • 1
  • 0
  • 6
  • 7
  • 4
  • セガサミー
  • 0
  • 4
  • 0
  • 0
  • 0
  • 2
  • 6
  • 13
  • 13
  • 0

BATTERY

草海、横山-須田

HOMERUN

中川(6回2ラン)

INFO

※8回コールド 日本選手権本大会、5大会ぶり5回目の出場決定!!

戦評COMMENT

重く、険しい道のりに、希望の光を照らしたのは2回裏だ。

先発の草海光貴が3四球3安打で4点を失ったのは初回。立ち上がりに重苦しい空気が流れたのは事実だ。だが、2回裏に6番植田匡哉の死球、7番政野寛明のレフト前ヒット、さらに8番須田凌平のライト前ヒットで無死満塁と攻め立てると、大田スタジアムの空気が変わった。9番市根井隆成の一塁ゴロの間に1点を返し、さらに1番根岸晃太郎の死球で再び満塁の好機を掴むと、2番北川智也がフルカウントからの9球目をライト前へ運んで走者2人がホームを陥れて3点目。「追い込まれていましたが、何とか食らいついていこうという気持ちだった」とは北川。なおも二、三塁と好機が続く中で、3番中川智裕の内野ゴロの間に1点が加わり一気に試合は振り出しに戻った。つなぎの一打を放った政野が回想する。

「初回に失点し、逆にこの試合は『動く』展開だなと割り切れた。序盤でしたし、1点1点という気持ちがありました。ベンチの雰囲気も悪くなかった。その中で2回裏に一気に同点まで持っていけたのは大きかった」

4回表に併殺の間に1点を奪われて再び追う展開になっても、三塁側ベンチの勢いが失われることはなかった。その空気がさらに濃度を高めたのが6回裏だ。1番根岸がセンター前ヒット。2番北川の犠打で一死二塁。その好機で、3番中川が大きな仕事をやってのけた。

初球だった。真ん中のストレートをとらえた中川の打球が、レフト方向へ高々と舞う。中川自身が打った瞬間にこぶしを握り締めて確信したように、完璧なアタリ。レフト後方のネットに突き刺さる特大の逆転2ラン本塁打だ。

「前の打席(4回裏一死満塁で巡ってきた打席)で、ストレートに対して力んでしまった(結果はサードフライ)。6回裏は、前の打席で討ち取られた球と同じコースのストレート。しっかりと修正できました」

試合後の西田真二監督が「中川の一発が効いた」と振り返ったように、試合の流れを一変する得点シーンだった。7回表に2番手で登板していた横山楓が1点を失ってまたもや同点となったが、攻撃の勢いはさらに増すばかりだった。

7回裏、相手投手の四球と2つの失策で労せずして勝ち越すと、一死三塁から1番根岸がセンター前へタイムリーヒット。さらに、代打・高本康平が2点タイムリーとなる右中間二塁打、5番北阪真規にもライト前へのタイムリーヒットが飛び出し、7回裏だけで一挙6点を奪って点差を大きく広げた。そして、9番市根井と1番根岸の連打で一死一、二塁と攻めた8回裏、2番北川のセンターの頭上を悠々と越えていくタイムリー二塁打で13点目が刻まれると勝負あり。8回コールドで試合は決した。

5大会ぶり5度目の日本選手権本大会出場を決めたチーム。6月29日に開幕する同大会へ向けて、西田監督は言うのだ。

「本大会では関東の代表として一戦必勝で戦います」

昨年は新型コロナウイルスの影響で同大会は中止。つまり、チームにとっては6年ぶりの大舞台だ。目指すはもちろん、ダイヤモンド旗(優勝旗)。準優勝した2014年を上回る躍進を誓う。

 

文・写真:佐々木 亨

SHARE

2021/06/03 : 明治安田生命戦 の試合を共有する