• TEAM T
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • R
  • H
  • E
  • セガサミー
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 2
  • 6
  • 0
  • 東京ガス
  • 0
  • 0
  • 0
  • 3
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • ×
  • 3
  • 6
  • 0

BATTERY

横山、井上、飯田-高本
飯田、久保田、舘-吉田

HOMERUN

平田(5回ソロ)

戦評COMMENT

先発マウンドを担う横山楓のストレートが、立ち上がりから唸りを上げる。1回裏、先頭打者への初球は146キロ。1ボール2ストライクから投じた、この試合最速となる148キロのストレートでサードへのファウルフライに討ち取る。2番打者は、ストライク先行でカウントを整えると、最後は144キロの高めのストレートで空振り三振に仕留めた。三番打者も難なく討ち取り、三者凡退。横山の力強さだけが際立った。2回裏は初ヒットを許すも、女房役を担う高本康平の盗塁阻止もあり、またしても三者凡退。3回裏は2つの四球で出塁を許すも、威力のあるボールで後続を抑えて点を与えない。序盤3イニングスは、「ストレートで押し込もうと思った」という横山のピッチングが、相手打線をねじ伏せた。4回裏は、二死から連打と四球で満塁とされ、8番打者にセンター前へはじき返されて1失点。なおも満塁のピンチが続く中で、2番手の井上和紀にマウンドを譲った。代わった直後の井上が9番打者に2点適時打を浴びただけに、横山の悔しさは、より増幅したに違いない。それでも、序盤のピッチングを考えれば、大きな収穫があったマウンドだったと言えるだろう。

5回裏からは、同じく右腕の飯田大翔だ。140キロ台のストレートを中心に相手打線にヒットを許さない。四球で出塁を許すも、2イニングスを無失点に抑えた。7回裏の1イニングを無失点に抑えたのは、左腕の久保田淳希。そして、8回裏のマウンドに立ったのはルーキーの舘和弥だ。イニングの先頭となった5番打者にセンター前ヒットを許し、犠打で得点圏に走者を進められるも、6番打者をショートゴロ、7番打者を見逃し三振に仕留めて無失点で切り抜けた。社会人での公式戦デビューを果たした舘は言う。

「大会前のオープン戦では先発や中継ぎを経験させてもらう中で調子がよかった。でも、今日は全体的にボールが高かった。今日は結果的に無失点でしたが、まだまだ。これからもっとピッチングの精度を上げていきたいと思います」

自らのピッチングをそう語る舘を含めた投手陣は、5人の継投で計3失点。西田真二監督は「投手陣はよく3点に抑えた。収穫はあった」と語るのだ。

打線も、3点を先制されながら攻撃の形はしっかりと築いた。失点直後の5回表には、6番平田巧のソロホームランだ。1ボール1ストライクからの3球目、狙っていたストレートを左翼スタンドへ運んだ豪快なスイングは、チームに勢いをもたらした。6回表には、9番市根井隆成がレフト線への二塁打でチャンスメイク。1番本間諒のセカンドゴロの間に市根井が進塁して一死三塁。そのチャンスで、前の打席でライト前ヒットを記録していた2番北川智也がフォークに対応し、ライトへきっちりと犠飛を放って1点。追い上げムードが加速する。7回表と9回表には、ともに4番根岸晃太郎の二塁打を皮切りに得点機を築いた。「あと1本」が出ずに得点シーンは生まれなかったが、最後まで攻める姿勢は見せた。

1点差での敗戦。それでも投打に収穫があったゲームは、次戦に希望を残すものだった。

 

文・写真:佐々木 亨

SHARE

2021/03/25 : 東京ガス戦 の試合を共有する