• TEAM T
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • R
  • H
  • E
  • 明治安田生命
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 3
  • 0
  • 4
  • 9
  • 0
  • セガサミー
  • 0
  • 0
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
  • 0
  • 2
  • 10
  • 1

BATTERY

東、石垣、陶久、田中、井上ー吉田

HOMERUN

本間(3回ソロ)、根岸(8回ソロ)

戦評COMMENT

勝敗の分かれ目――。マウンドの東範幸は十分にわかっていた。だからこそ、勝負に出た。「いける」。バント処理に向かう東はそう思い、一塁走者をセカンドでアウトにできる確信もあった。だが、蓄積されていた疲労が、わずかに左腕の感覚を狂わせた。

同点の8回表だ。それまで初回の1失点だけに抑えていた先発の東は、一死から2番打者にレフト前ヒットを浴びた。試合は終盤。両チームにとって「次の1点」が大きな意味を持つ展開の中で、相手チームは1アウトからでも犠打で得点圏に走者を進めようとした。3番打者のバントがマウンド方向へやや強めに転がる。瞬時に反応した東はマウンドから駆け下り、打球を処理した。そして、すかさず二塁へ送球。タイミング的にはアウトだったか。だが、二塁送球が大きく逸れ、ボールが外野へ転々とする間に一塁走者は一気にサードへ。走者一、三塁とピンチは拡大した。代わった石垣永悟が4番打者に勝ち越し打となる右中間への二塁打を浴びたのは、その直後だ。さらに、3番手で登板した陶久亮太が連打を浴びて追加点を献上。8回表だけで計3失点。勝利の風は遠のいた。東は、大量失点のきっかけとなる失策をただただ悔やんだ。

「あのバント処理だけだった……」

初芝清監督も、試合後に無念の表情を浮かべた。

「120%の確率でアウトにできるならいっていいよ。バント処理の前にマウンドへ言ってそう話していたんですが……。あのミスだけでしたね。全体的にはピンチを背負ってもよく投げてくれました。四球は1個ですし、東はよく踏ん張って投げてくれたと思います」

2回以降は無失点を継続した先発左腕の好投は光った。圧巻だったのは4回表だ。4番打者と5番打者を、ともに最後は威力のあるストレートで見逃し三振に仕留めた。この試合での最速は142キロ。イニングを追うごとにストレートの威力は増していった。

それだけに、東の好投が続く流れの中で打線の援護が欲しかった。3回裏に、1番本間諒が3ボールからの4球目を右中間スタンドへ運んで同点とするが、チャンスでの1本に欠けた印象だ。4番根岸晃太郎と5番北阪真規の連打、6番澤良木喬之の犠打で一死二、三塁とした2回裏、または4番根岸のレフト前ヒット、6番澤良木のライト前ヒットで二死一、三塁とした6回裏は、ともに後続が倒れて無得点。決定打が出なかった拙攻は、試合の行方に大きく影響した。結局、得点は本間のソロアーチと、8回裏に飛び出した根岸の左翼スタンドへのソロアーチによる2点のみ。初芝監督は言う。

「ホームランによる得点はあるにせよ、やはりタイムリーヒットが出ないと……。打線のつながりが出てきてほしい」

勝利のカギは、打線の奮起か。

敗れたチームは第4代表ゾーンへ回る。もう負けは許されない。崖っぷちに立たされた。

「明日は全力で戦うだけです」

初芝監督をはじめ、チーム全員がそう言って球場をあとにした。

(文・写真:佐々木亨)

SHARE

2019/05/29 : 明治安田生命戦 の試合を共有する