• TEAM T
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • R
  • H
  • E
  • 明治安田生命
  • 0
  • 0
  • 0
  • 3
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 3
  • 3
  • 0
  • セガサミー
  • 0
  • 0
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
  • 2
  • x
  • 4
  • 12
  • 1

BATTERY

氏家、陶久、東、森脇-喜多

HOMERUN

本間(7回ソロ)

戦評COMMENT

逆転サヨナラ勝利を収めた前日の勢いは、本物だった。

先制したのは3回裏だ。9番喜多亮太が初球をライト線へ運んで無死二塁。犠打とセカンドゴロで三塁へ進んだ喜多を、3番須田凌平のバットがホームへ迎え入れる。チーム5本目のヒットとなるライトオーバーのタイムリーヒットだった。

4回表、先発の氏家優悟が3イニング連続となる先頭打者への四球を与えると、2番手の陶久亮太がマウンドに立つ中、内野の失策とバッテリーミスで二死二、三塁とされる。そのピンチで、1番打者に右中間スタンドへの逆転3ラン本塁打を浴びて一気に主導権を奪い返された。だが、ビハインドとなった展開にも、打線には前日同様の動じない強さがあった。

終盤になると、その勢いが確かな結果として表れる。7回裏、二死から打席に立ったのは1番本間諒だ。初球からフルスイングを見せた本間は、カウント1ボール2ストライクからの4球目、やや外寄りの甘いストレートを強振した。終盤を迎えて「1点差と2点差では状況は明らかに違う」と考えていた左の強打者は「一発(ホームラン)を狙っていた」。打球は左中間寄りのレフトスタンドへ。追撃の一発となり、チームに「いける」雰囲気が広がった。

「本間のホームランが大きかった」

初芝清監督もそう認める一撃は、8回裏に訪れる、この試合でのハイライトの呼び水となった。1点を追いかける中、一死からセンター前ヒットを放ったのは今予選初の4番に座った澤良木喬之だ。前日の9回裏、サヨナラシーンの起点となったのも同じく澤良木である。「何かが起きる」。そう予感させる一打を皮切りに、5番赤堀大智の四球と相手ピッチャーの暴投で二死二、三塁となった。そのチャンスで打席に立ったのは7番宮川和人。

「甘い球だけを打とうと思っていました。ボール球が続いてからストレートで攻められた。最後はチェンジアップを狙っていた。ゾーンだけを上げて、思い切り振り抜きました」

フルカウントからの6球目は、やや真ん中寄り。狙い通りのチェンジアップだ。打球が勝利の風に乗ってライト前へ運ばれる。代走の江藤圭樹に続き、二塁走者の赤堀がホームを陥れた。逆転だ。三塁側ベンチには、選手たちの歓喜と安堵が広がった。

1点リードの9回表は、前日も好投を見せた森脇亮介がマウンドに上がった。5回表から登板して、1安打無失点と相手打線を完璧に封じた新人の東範幸の後を受け、8回表の途中から登板していた右腕は、この試合でも安定していた。先頭打者の打球がライト後方へ上がる。一瞬、左胸が絞めつけられる思いになった。だが、9回表からライトの守備についていた政野寛明が、フェンス手前で好捕。胸の鼓動がゆっくりと静まった。その後は森脇のペースだ。四球で出塁を許すも、3番打者をセカンドゴロでの併殺に討ち取る。結局は三者凡退に抑えた右腕のもとへ捕手の喜多亮太が歩み寄り、シーソーゲームは幕を閉じた。

初戦敗退からの3連勝。代表決定戦進出を決めたチームの勢いは止まらない。

「一気に決める」

選手たちの思いは一つだ。狙うは第2代表での東京ドームへの切符。今予選も、いよいよクライマックスを迎える。

(文・写真:佐々木亨)

SHARE

2018/05/24 : 明治安田生命戦 の試合を共有する