• TEAM T
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • R
  • H
  • E
  • 明治安田生命
  • 0
  • 1
  • 0
  • 0
  • 1
  • 0
  • 2
  • 0
  • 0
  • 4
  • 9
  • 0
  • セガサミー
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
  • 1
  • 2
  • 8
  • 0

BATTERY

氏家、横田、陶久-喜多

HOMERUN

本間(8回ソロ)、赤堀(9回ソロ)

戦評COMMENT

二次予選特有の空気に「緊張もあった」と氏家優悟は言う。今シーズンは投手陣の中心を担ってきた左腕だ。大一番での初戦、氏家の先発はチームの誰もが認めるところ。実力はある。ただ、わずかに生じた緊張感が、左腕の意識にいつも以上の「慎重さ」をもたらしてしまった。

1回表の先頭打者には、フルカウントから出塁を許した。初球、2球目ともにボール球。際どいコースを狙い過ぎた結果の四球だった。二死二塁からは、4番打者に対して再びボール先行のピッチングで四球。結果的に無失点に抑えたが、立ち上がりには極度の慎重なピッチングが見て取れた。

2回表は、「先取点を与えたくない」という力みがピッチングに直結してしまっただろうか。氏家をリードする捕手の喜多亮太は言う。

「ストライクとボールが、はっきりしていた」

6番打者にライト前ヒット。犠打で得点圏に走者を進められると、8番打者にはショートへの内野安打。打者のバットをへし折り、ピッチングの内容としては「勝った」が、結果として「負けた」。アンラッキーなヒットにも、試合の流れの悪さを感じた。二死後、走者二、三塁で1番打者に初球をレフト前へ運ばれた。左翼手・本間諒の好返球で二塁走者の生還は許さなかったが、意識していた先取点を奪われた。

3回表以降も三者凡退で終わるイニングはなかった。追加点こそ与えなかったが、苦しいピッチングを物語っていた。

「修正できなかった」

そう振り返る氏家が2点目を失ったのは5回表だ。イニングの先頭となった1番打者にライト前ヒット。犠打とセカンドゴロで走者を三塁に進められると、4番打者にフルカウントからライト線へ運ばれた。5イニングスを投げて6安打3四球で2失点。チームに勝利の風を呼び込めなかったことを、氏家は悔やんだ。

7回表には、2番手で登板した横田哲が二死から2点を失った。一方の打線は7回裏まで無得点。7番澤良木喬之がチーム初安打となるレフト前ヒットを放った3回裏には、8番宮川和人が犠打を失敗した場面があった。2打席目にライト線への二塁打、9回裏に訪れた4打席目にはセンター前ヒットを放って意地を見せたが、宮川は打ったことよりも序盤に犠打を決められなかったことを反省するのだ。

「(犠打の場面は)相手投手のクイックモーションに差し込まれてしまいました。打ったことよりも、あのバントが……。しっかりと走者を送っていれば、展開は変わっていたと思います」

4回裏には5番赤堀大智の右中間への二塁打、5回裏には8番宮川の二塁打で得点圏に走者を進めるが、あと一本が出ない。やっと追撃の一打が生まれたのは8回裏。イニングの先頭となった1番本間がバックスクリーン右横に突き刺さるソロ本塁打を放って1点を返した。9回裏には、同じく先頭の5番赤堀が左中間スタンドへソロ本塁打。点差は2点だ。ワンチャンスで同点、さらに勝ち越しも十分にあり得る状況になり、一塁側ベンチ、そしてスタンドにも熱気が帯びた。だが、最後は9番喜多のセンター後方への痛烈な打球が外野手のグラブに収まりゲームセット。大事な初戦を勝利で飾ることはできなかった。

ただ、終盤の一発攻勢、投げては3番手で登板して無失点に抑えた陶久亮太の好投もあった。得るものもあった一戦を経て、チームはどう変わっていくか。

今は敗戦を大きな力に換えて前へ突き進むしかない。

(文・写真:佐々木亨)

SHARE

2018/05/20 : 明治安田生命戦 の試合を共有する