• TEAM T
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • R
  • H
  • E
  • セガサミー
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 3
  • 1
  • 1
  • 0
  • 5
  • JFE西日本 J
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 6
  • 0
  • 1
  • 0
  • x
  • 7

BATTERY

飯田、東、石垣、越智、森井、田中-喜多

戦評COMMENT

リーグ戦3連敗だけは阻止したい一戦で、先発を託されたのは新人の飯田大翔だった。公式戦初マウンド。だが、そのプレッシャーに押し潰されることなく、右腕は無失点を続けた。

140キロ台の伸びのあるストレート。カーブなどの変化球を効果的に使うピッチングは、新人離れしていた。1回裏は、先頭打者にレフト前ヒットを浴びたが、後続を併殺に討ち取って点を与えなかった。2回裏と3回裏は、それぞれ1つずつの見逃し三振を奪う中で三者凡退。4回裏も、一死から四球で出塁を許したが、落ち着いたマウンドさばきで無失点に抑えた。

「(ピッチングの)調子自体はそれほどよくありませんでしたが、それなりに抑えられたと思います」

序盤のピッチングを飯田はそう振り返る。

だが、迎えた5回裏。先頭の6番打者にセンター前ヒット、さらに盗塁と次打者の進塁打で三塁に走者を置くと、少しだけ体に力みが生じた。8番打者に死球を与えて一死一、三塁。ピンチが広がった。続く9番打者は、やや三遊間寄りのショートゴロだ。ピッチャー心理からすれば「併殺でチェンジだ!」と思ったに違いない。だが、ショートの根岸晃太郎が二塁へまさかの悪送球。思わぬ形で先制点を許した。なおも一、二塁とピンチが続く中で、1番打者にはセカンドへの内野安打を浴びた。打球のバウンドが変化した不運なあたりだったが、結果的に満塁とされたところで飯田は降板となった。

「気持ちが空回りしてしまいました」

点を与えられない、与えたくないという思いが、わずかにピッチングに影響したと飯田は言う。

その後、マウンドに上がった東範幸、そして3番手の石垣永悟は、悪い流れを食い止めることができなかった。5回裏の1イニングだけで計6失点。あまりにも大きな失点に、一塁側ベンチの士気は下がった。

一方の攻撃陣は、5回表まで一人の走者も出すことができずに無安打無得点。相手の右腕に完璧に封じられた。チーム初安打が生まれたのは6回表だ。8番宮川和人のセンター前ヒットである。その一打を皮切りに、1番砂川哲平、2番宝楽健吾、3番北阪真規の3連打で3得点。7回表には、6番須田凌平のレフト線二塁打、7番本間諒の右中間を破る二塁打で1点。8回裏には相手の失策絡みで1点を奪うなど着実に得点を重ねたが、最後まで主導権を奪うことができなかった。

試合中盤に失った6点が大きく響き、2点差での敗戦。

リーグ戦3連敗という現実を突きつけられて、チームは大会を終えた。

(文・写真:佐々木亨)

SHARE

2018/04/15 : JFE西日本戦 の試合を共有する