• TEAM T
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • R
  • H
  • E
  • NTT東日本
  • 0
  • 0
  • 4
  • 0
  • 1
  • 3
  • 0
  • 0
  • 0
  • 8
  • 0
  • 0
  • セガサミー
  • 3
  • 0
  • 1
  • 0
  • 1
  • 0
  • 0
  • 1
  • 0
  • 6
  • 0
  • 0

BATTERY

天沼、富田、上津原、木村-谷澤

HOMERUN

十九浦(1回3ラン)

戦評COMMENT

前半の5回までは互いに譲らぬ見ごたえある打撃戦が続いた。1回裏に4番十九浦拓哉の2試合連続の3ラン本塁打で先制。3回表に逆転されるもその裏、5番安井正也の左前安打で同点。再びリードを許したが、5回裏には4番十九浦の右越え二塁打で追いつく。だが、6回表にみたび勝ち越されたチームはその後の追撃も及ばず、無念の敗退を喫した。

試合開始早々から濃密な時間が続いた。
先発を託された天沼秀樹の立ち上がりは決してよくなかった。1回表、NTT東日本の1、2番に連打を食らい無死一、二塁とピンチを迎える。それでも、後続の打者を三邪飛、見逃し三振、そして右飛に討ち取り嫌な流れを振り払った。  するとその裏、2番大西主晃が一塁失策で出塁、さらに3番宮﨑祐樹の右前安打で一死一、二塁とチャンスをつかむ。打席には4番十九浦拓哉。内角高めのストレートをとらえた打球が、右翼上空に昇る太陽に向かってグングンと伸びる。  2試合連続の先制3ラン本塁打――。
1回戦でも初回に同じ弾道の一発を放った。まるでVTRを見るかのような会心の先制アーチは、前日と同じく試合の流れを引き寄せるものだった。十九浦が振り返る。
「コース、打球ともに1回戦とほとんど同じでした。ただ、1回戦のホームランはボールを擦り気味でとらえてライトフライだと思った。今日は打った瞬間に(スタンドに)入ると思った完璧に近い打球でした」
だが、この日はつかんだ主導権がスルリと逃げていく。3回表、天沼が1失点、なおも一死一、二塁で代わったばかりの富田裕貴が3ラン本塁打を浴びて一気に逆転を許す。3回裏に3番宮﨑の二塁打を足がかりに5番安井正也のタイムリー安打で同点。5回表に再び1点をリードされたが、その裏、4番十九浦の右越え二塁打でまたもや同点とする。取られては取り返す粘り強さはあった。それでも、広がるチャンスで勝ち越すまでにはいたらない。活発な打線のなかで、どことなくもどかしさがあったのは事実だ。
みたび勝ち越しを許したのは6回表だった。3番手の上津原詳がNTT東日本の右打者・宮内隆行選手にカウント1-0から右中間スタンドに飛び込む3ラン本塁打を浴びる。
「ボール気味の高めを狙ったストレートだったんですが、ちょうど胸下あたりの打ちごろのところにいってしまいました」(上津原)
悔まれる失投だった。一気に3点差をつけられた攻撃陣は6回裏に8番谷澤恭平、9番宮之原裕樹の連続安打で無死一、二塁と攻めるも後続の打者が討ち取られて無得点。8回裏に「先頭打者として出塁して流れを変えたかった」と語る途中出場の手塚翔の右前安打を起点に1点を返すも、結局、同点さらに勝ち越すことはできなかった。
試合後、佐々木誠監督はこう振り返った。
「内外野の連係プレーにミスがあった。防げる失点はあったと思います。6回表に3ランを打たれた場面は、バッテリーが不用意にいった結果。攻撃陣も含めて、それぞれの選手が準備不足でした。また、全体的に言えることですが初回に奪った3点を守りにいってしまったところがあった。やはり攻める気持ちを常に持って戦わないと……」
さらに、撰田篤副部長はこう語る。
「攻撃において取りこぼしがあったのが悔まれる」
機を見るに敏であれ――。
勝負どころで一気に畳み掛ける力強さが加われば、チームはまた一歩前進するに違いない。

SHARE

2009/09/16 : NTT東日本戦 の試合を共有する